無料制作ソフトについて | フォトブック・フォトアルバムQ&A | フォトレボ

ダウンロード版 Q&A

フォトブック・フォトアルバムTOP>フォトブックQ&A>フォトブック制作ソフトについて

フォトレボでフォトブック・フォトアルバム作成時によくある「フォトブック制作ソフトについて」の質問について集めました。

フォトブック制作ソフトについて

  • 素材を取り込むには?
  • ※無料素材を取り込めるのはダウンロード版のみです

    下記の例では背景を登録していますが、スクラップブックなども同様の手順で追加できます。

    ■動画で確認したい場合はこちら



    ◆素材取り込み方法◆

    1.「この素材をダウンロードする。」をクリックするとzipファイルがダウンロードできます。


    2.zipファイルをクリックするとファイルが解凍されますので、保存先を指定し保存します。


    今回はダウンロードした素材を「背景」フォルダを作成し保存してみました。
    ※初めに素材を保存した場所からスクラップブックを移動・削除すると、
    ソフト内でご利用することができなくなりますので「ピクチャ」フォルダ等に素材をまとめて入れてから
    ソフトへ追加することをおすすめします。



    3.保存完了後以下の手順で素材を取り込みます。
     ①編集ソフトを起動し編集画面を開く
     ②編集画面下の「背景」タブ→歯車マーク→追加 を順にクリック


     ③素材を保存したファイルを選択し「開く」をクリック。


     ④「背景を追加」と出てくるので「OK」を選択。


     ⑤背景が最後尾に追加されます。


  • プロジェクトファイルの複製について
  • ご注文後のプロジェクトファイルは再度編集等することが出来ません。
      その場合「プロジェクトの複製」をすると再度編集することが可能になります。


    ◆複製方法◆
     ①編集ソフトを起動

     ②つづきから「既存のプロジェクトを開く」を選択


     ③複製したいプロジェクトを選択し、下にある「プロジェクトを複製」ボタンをクリック


     ④ファイル名が表示されるので、ファイル名を変更し「OK」を押す。
      ※同一のファイル名は作成できません。


     ⑤複製されたプロジェクトが作成され、修正等が可能になります。

  • 使用できるフォントは何ですか?
  • 基本的にお手持ちのパソコンに入ったフォントが使用できるようになっております。


    お手持ちのパソコンでご利用いただけないフォントがある場合は以下をお試しください。

    ① フリーフォントをダウンロードする


    ② フォントフォルダを開く


    ③ フォントデータを右クリックし、「すべてのユーザーに対してインストール」を選択


    ④ インストールしていただき、パソコンを再起動する


    ⑤ 再起動後、フォトレボ編集ソフトを開きフォントがあるかご確認ください

    ※編集ソフトに対応していないフォントがございます。
     編集ソフト上に表示されていない場合、そちらのフォントはご使用いただけませんので、
     別のフォントをご利用いただきますようお願いいたします。

  • 作成したデータを印刷して確認する方法はありますか?(プルーフ機能)
  • 画面上で確認するにはプレビュー機能で行えますが、印刷や
    データを共有して確認したい場合、プルーフ機能を使って確認することができます。

    プルーフ機能は全体の構成を見たりする為のみ使う事を想定しております。

    そのため写真の解像度等は粗く出力されています

    個々の写真等の解像度は正確ではないのでご注意ください。

     

    1.プルーフを作成

    編集画面左上「ファイル」→「プルーフを作成」を選択

     

    2.フライトチェック

    エラーの確認で以下の表示が出る場合が有ります。

    その際にはどこにあるなんのエラーかを確認します。

    以下のエラーは

    ・表紙、1ページ目に文字を入れるボックスが配置されているが、文字が入力されていない

    ・13ページ目、画像ボックスが配置されているが画像が入っていない

    ・16ページ目、白紙のページ(画像等何も配置されていない状態)

     

    3.出力形式の選択

    出力形式をJPEG、TIFF、PDFの中から選ぶことが出来ます。

    以下はPDFで出力した場合の説明になります。

     

    4.データを作成する場所を選択します。

     

    5.「OK」ボタンを押してデータを作成します。

     

    作成中は以下のように表示が出てきます。

     

    PDFが作成されたらファイルを開きます(フォルダーの名前は「プルーフ_プロジェクト名」となります)

     

    PDFデータを開いて確認をしたりプリンターに出力して確認することが出来ます。

    プルーフで作成したデータには「PHOTOREVO SAMPLE」と表示が出ておりますが、

    実際のアルバムには表示はありません。

    また、写真の解像度も実際の物より粗く表示されております。

    これは仕様になりますので変更はできません。構成等を確認するものとしてご利用ください。


  • 別の編集ソフトで作成したもので入稿できますか?
  • できません。
    フォトレボは専用ソフトを使ってのご注文のみとさせていただきます。
    ただし、フォトショップやイラストレーター等で編集したデータをJPEGに書き出して、
    画像として編集ソフトに配置することは可能です。
    詳しくはこちら
    フォトショップやイラストレーターで編集したアルバムを書き出す際の注意点は?

  • 編集内容を途中で保存したい
  • 編集データはお客様のPC上に保存されます。

    時間をかけて編集をしたい場合など、以下の手順で保存しながら作業を行って下さい。


    *尚、データが壊れてしまうなどのアクシデントがご心配なときは、”プロジェクトの複製”をお勧めいたします。

     プロジェクトファイルの複製について


     

    1.編集中に保存する場合

    編集画面の左上「ファイル」ー「保存」を押す事で作業中の状態を保存できます。

    編集はそのまま続けられます。

     

    2.保存して編集作業を終える場合

    編集画面の左上「ファイル」ー「閉じる」を押すと作業中の状態を保存して編集作業を終了します。

     

    3.保存しないで編集作業を終える場合

    編集画面の左上「ファイル」ー「終了」を押すと作業中の状態を保存せず編集作業を終了します。