多機能君とフォトレボと愉快な仲間たち 「フォトレボのヒント」 | フォトブック・フォトアルバム | フォトレボ

多機能君とフォトレボと愉快な仲間たち

フォトレボTOP>記事一覧>フォトレボのヒント

のど(綴じ部分)データ配置について

2018年03月07日 フォトレボのヒント

のど(綴じ部分)データ配置について

2018年3月14日 記事追記しました

 

どうも、フォトレボスタッフのモガです。
フェイスブックからこんなご質問頂きました。
「本の中央部分をどれくらいあければいいでしょうか?」
中央部分?なんのこと?と思われるかもしれませんが、
皆さんこんな事ありませんか?
○フォトブックを開いてみたら、中央部分に書いている文字が見ずらい。
○フォトブックの真ん中で顔が切れて見えなくなってしまった。
どうしてこんなことになるのでしょうか?
それは「のど」を意識しないで文字や画像を入れてしまったから。
そこで今回は、「のど」のデータ配置についてレクチャーしますよ。
まずは「のど」って用語説明をしますね。
「のど」とは、本を開いた時の中央部分(綴じ部分)のことを製本業界用語で「のど」といいます。
ついでに、本を開く時の外側部分(綴じられていない部分)を製本用語で「小口(こぐち)」といいます。
下記からこちらの用語で説明します。
そもそも、なんで綴じ部分が平らにならないの?
それは、フォトレボは「無線綴じ※」なので本を開くと「のど」が平らにならないんです。
だから隠れて見えない部分がでます。ほとんどのフォトブックサービスは無線綴じか平綴じです。
※「無線綴じ」とは製本方法の一種。ページ順に並べた印刷物をまとめた状態で糊を塗って
綴じる方法。フォトレボではPURという特殊で丈夫な糊を使用している。
では、「のど」が平らにならないならどうしたらいいのでしょうか?
「のど」に重要な文字や画像を置かないようにするのです!
具体的に何ミリ空ければいいのでしょうか?(画像を一切配置しないって意味じゃないよ)
ちなみに、一般的に販売されている無線綴じの本をみると「のど」が空いているのがわかりますよ。
●1ページ目(開始ページ)と最終ページ・・・5mm以上(ページ数によって変動します)
●2ページ目以降・・・10mm~20mm(ページ数によって変動します)
悪い例 いい例
「のど」を意識して素敵なフォトブックを作ってみてくださいね!
モガでした。

どうも、フォトレボスタッフのモガです。

フェイスブックからこんなご質問頂きました。


「本の中央部分をどれくらいあければいいでしょうか?」

 

中央部分?なんのこと?と思われるかもしれませんが、

皆さんこんな事ありませんか?

 

○フォトブックを開いてみたら、中央部分に書いている文字が見ずらい。

○フォトブックの真ん中で顔が切れて見えなくなってしまった。


どうしてこんなことになるのでしょうか?

 

それは「のど」を意識しないで文字や画像を入れてしまったから。

 


そこで今回は、「のど」のデータ配置についてレクチャーしますよ。


まずは「のど」って用語説明をしますね。


「のど」とは、本を開いた時の中央部分(綴じ部分)のことを製本業界用語で「のど」といいます。

ついでに、本を開く時の外側部分(綴じられていない部分)を製本用語で「小口(こぐち)」といいます。

 

 

A4H

そもそも、なんで綴じ部分が平らにならないの?

 

それは、フォトレボは「無線綴じ※」なので本を開くと「のど」が平らにならないんです。

だから隠れて見えない部分がでます。ほとんどのフォトブックサービスは無線綴じか平綴じです。


※「無線綴じ」とは製本方法の一種。ページ順に並べた印刷物をまとめた状態で糊を塗って

綴じる方法。フォトレボではPURという特殊で丈夫な糊を使用している。

 

では、「のど」が平らにならないならどうしたらいいのでしょうか?


「のど」に重要な文字や画像を置かないようにするのです(どーん)

具体的に何ミリ空ければいいのでしょうか?(画像を一切配置しないって意味じゃないよ)

 

●1ページ目(開始ページ)と最終ページ・・・5mm以上(ページ数によって変動します)

一ページ目

 

 


●2ページ目以降・・・10mm~20mm(ページ数によって変動します)

見開きで配置する場合は特に意識しよう

-------------------------------------------------------------------------

3/14 追記しました

編集ソフト上の中心位置がわからないので知りたいとご要望ありましたので、追記します。

本文の中心位置ですよ。表紙は別です。

※表紙だと数値が違ってきます。


中心

 

-------------------------------------------------------------------------

ちなみに、一般的に販売されている無線綴じの本をみると「のど」が空いているのがわかりますよ。

本屋さんで売ってる本はこうなっているよ


 

 

 

いい例&悪い例

悪い例 文字や写真はのどにもってこないでください

見開きをまたいで「のど」にかかるようなデザインはお勧めしません。


左から読んで右のページに読ませる場合はこんな感じにデータを作ろう

「のど」を避けてレイアウトしましょう。背景は「のど」に入ってもいいものを選ぶと良いです。今回は写真を背景にしました。

女の子の足はのどにかかっても不自然にならないので良しとしました。


人が真っ二つレイアウトはやめましょう

基本的に顔にかかるような写真配置はしないのがベター。どうしても見開きにしたいなら右か左に顔を寄せましょう。


見開きに適した画像はこういう画像です

写真を撮るときに左寄りか右寄りの構図の写真を撮っておくと、あとで見開きで大活躍しますよー。

フォトブック作成は、写真撮影時点から始まっているのです!


 

「のど」を意識して素敵なフォトブックを作ってみてくださいね!

モガでした。